トップページ 造園部 種苗部 会社案内 採用情報 サイトマップ
発生の生態
発生の原因
ニラ白斑葉枯病はかびが原因でおこります。
病原菌名はBotriytis属菌(ボトリチス属菌)と呼ばれます。
ウリ科、ナス科植物では灰色かび病を起こす、宿主範囲の広いかびです。
病徴
葉に白色の小斑点が散生しはじめ、後にその小斑点は円形からやや菱形に拡大します。症状が進むとこの白斑が葉全体に増え、特に葉先が枯れてきます。
中央部は灰白色で、円形の両端は淡黄色を帯び、健全部との境は不明瞭です。
  病斑部の枯死部には菌核が生じます。
伝染方法
このかびは捨て刈りをした葉や葉先枯れの部分で増殖し、風などで飛散し空気伝染でまん延します。
越年は菌核で行われます。
発生条件
ボトリチス属菌には寒冷期(1〜3月)に発生が多くなるものと、温暖期(4〜6月)に発生が多くなるものがあります。
一般にこの病気はハウスやトンネル栽培で比較的気温が低く、多湿条件の時に激発します。また、昼夜の温度較差が大きく葉に結露する時期には注意が必要です。
露地でも4から5月頃に降雨が続くと発生します。
防除のポイント
耕種的防除
捨て刈りした葉はハウスや畑の外へ持ち出し、土中深く埋めるか焼却して、病気の伝染源とならないような栽培環境に努めましょう。
この病気は多湿条件で発生しやすいので、ハウス栽培ではできる限り換気に努めるよう心掛けましょう。
寒地では刈り取り期間が40日以上を越す時に発生が多いので、刈り取りまでの生育期間に注意しましょう。
薬剤的防除
最新の登録農薬を確認し、使用法に従い正しく使用しましょう。
| ページ先頭 |   |前のページへ戻る|
このページに掲載のイラスト・写真・文章の無断の転載を禁じます。
全ての著作権は株式会社武蔵野種苗園に帰属します。
Copyright(C)1999-2003 MUSASHINO SEED CORPORATION,All Rights Reserved